Guide_伏見・大須

伏見・大須エリア

御園座、名古屋市博物館、名古屋市美術館など文化施設が多い伏見と、大須観音の門前町で市内最大のアーケード街の大須商店街があるエリアです。大須は年間を通じて祭りやイベントが多く、撮影する被写体もバラエティー豊かな街です。

御園座

現在のビルは隈研吾氏が設計を担当し、2018年に竣工したもので低層階は旧御園座をオマージュした外観となっていて、この地域の伝統的な景観を崩さない設計となっている。その外観の特徴でもあるなまこ壁は壁面から浮いた形になっており、見る角度によって変化する
交通手段
地下鉄 伏見駅からすぐ
公式HP
http://www.misonoza.co.jp


納屋橋

錦橋から見た納屋橋の夜景
錦橋から納屋橋を見る

広小路通が堀川を横切るところの橋で、堀川が作られた際にかけられた7つの橋の一つ。アーチ型の構造で現在の橋は1981年に架け替えられた。近年は橋周辺で再開発が進み、景観が良くなったといわれる。
交通手段
地下鉄 伏見駅から徒歩6分
ところ
名古屋市中区錦1丁目付近


旧加藤商会ビル

旧加藤商会ビルの夜景
納屋橋のたもとに立つレトロなビル

かつて貿易を行っていた加藤商会の本社として昭和6年に納屋橋の東のたもとに建てられたもの。国の登録有形文化財となっていて、ノスタルジーを感じさせる景観となっている。
交通手段
地下鉄 伏見駅から徒歩6分
ところ
名古屋市中区錦1丁目15(納屋橋の東)


洲崎神社・洲崎のちょうちん祭り

江戸時代から行われる伝統的な祭りで、洲崎神社の境内に1000個の提灯が飾られます。
日時
7月第3土日曜日(変更されてる場合があります。必ずご確認ください。)
交通手段
地下鉄 大須観音駅から徒歩10分
ところ
名古屋市中区栄1丁目31−25 洲崎神社 


松重閘門

松重閘門と桜
桜と閘門

瀬戸物の輸出が盛んだった時代、運河の物流を効率よくするため中川運河を作った際に、水位の調節をするために造られた閘門。今は使われていないが建物は残されており、古き時代を忍ばせている。春には桜の花が咲く。
交通手段
地下鉄 大須観音駅から徒歩15分
ところ
名古屋市中川区西日置2丁目付近


名古屋市科学館

中央に球体のプラネタリウムの外観が見える特徴的なミュージアム。外で撮影するなら、この球体をどう写すかがポイントといえます。また、放電ラボなど日常では見られない科学現象を再現する展示が多いので、そういったものも被写体として興味深いところです。
交通手段
地下鉄 伏見駅から徒歩5分
地下鉄 大須観音駅から徒歩10分
公式HP
http://www.ncsm.city.nagoya.jp


名古屋市美術館

科学館と同じく白川公園の敷地内にある美術館で、外にフォトジェニックなオブジェがあり、撮影が楽しめる。建物の設計は世界的な建築家、黒川紀章なので建物そのものを被写体にするのも面白いところです。幾何学的な直線の構成が美しい建物はポートレートの背景にも向いています。
交通手段
地下鉄 伏見駅から徒歩8分
地下鉄 大須観音駅から徒歩7分
公式HP
http://www.art-museum.city.nagoya.jp


大須商店街

現在は岐阜県羽島市となっている尾張国中島郡大須郷の真福寺宝生院を徳川家康が行なった清洲越しに伴い現在の地に移転し、北野山真福寺宝生院(大須観音)とし、寺町を形成したのが大須の始まりとされます。繁栄と衰退を繰り返すなかで、独特な個性を獲得した街で、お年寄りも多く出かけるのに若者の街でもあり、外国人の経営するお店も多いけど老舗も多い、電気街のようでファッションの街でもある、そんなごった煮なところが魅力となっています。
交通手段
地下鉄 大須観音駅から徒歩3分
地下鉄 上前津駅から徒歩3分
公式HP
http://osu.co.jp


大須大道町人祭り

大須商店街の花魁道中
花魁道中

1978年に第一回が行われた大道芸の祭りで、大道芸人と花魁道中が見せ場となっています。登場する大道芸人はジャグリング、パントマイム、金粉ショー、ちんどん屋など多彩です。
日時
10月第3土日曜日(変更されてる場合があります。必ずご確認ください。)
交通手段
地下鉄 大須観音駅から徒歩3分
地下鉄 上前津駅から徒歩3分
公式HP
http://osu.co.jp


大須観音

大須観音
大須観音

1612年に現在地に移転し大須の地名の由来となっている寺です。明治の大火と空襲で2回消失し、現在の本堂は1970年に鉄筋コンクリートで再建されたものです。今も多くの信仰を集める寺なので、撮影のポイントはいくつもあり、スナップ写真で切り取るのが面白いと思います。18日、28日の縁日では骨董市が開かれます。
交通手段
地下鉄 大須観音駅から徒歩3分
公式HP
http://www.osu-kannon.jp

大須観音
大提灯
大須観音
大須観音

東別院

東別院
東別院

真宗大谷派名古屋別院が正しい名称で、かつて織田信秀の居城だった古渡城の跡地を尾張徳川家2代藩主の光友公から寄進されて建立された寺です。大きな山門と本堂の大伽藍が印象的で、12日には縁日、28日には朝市が行われています。
交通手段
地下鉄 東別院駅から徒歩3分
公式HP
http://www.ohigashi.net

東別院

名古屋撮影地ガイドトップページ

Home Page Blogs 名古屋撮影ポイント100選 Portfolio Service Contact Us